いぼで悩んでいる方注目!切除手術やレーザーでいぼを撃退できる

いぼの予防法

医者と看護師

いぼを切除したら予防もしっかりやろう

いぼを一度切除しても、手術後にケアを怠ってしまうと再発をする恐れがあります。いぼの再発を抑えるためにも肌の調子を整える生活をしないといけません。加齢によってできる老人性のいぼやウイルス性のいぼによって、予防方法は少し異なりますので、注意して下さい。ウイルスが原因でできたいぼは、衛生面に気をつけないといけません。顔や体に傷があって、消毒もしないで放置してしまうと傷口からウイルスが入り込み、いぼができやすくなります。怪我をしたら、消毒液や専用の薬を使用してケアをしましょう。ウイルスが付着しないように肌を清潔にする必要がありますが、注意をしないといけないのが洗顔です。洗顔時に顔を強く擦ってしまうと肌が傷ついてしまい、そこからウイルスが侵入することもあります。肌に刺激を与えるのは良くないので、洗顔をする際は優しく洗うようにしましょう。また、一度使用したタオルを長く使い続けるのも衛生上よくありませんので、できるだけで洗濯した清潔なタオルを使用するようにして下さい。免疫力が低下しているとウイルスはずっと肌にくっついてしまうので、いぼが現れやすくなります。外側をケアをするだけではなく、体の内側をケアして免疫力を高めることも大切です。肌の健康を維持する為にビタミンCやマグネシウムなども積極的にとっていきましょう。加齢が原因でできたいぼの場合は、保湿が重要になります。肌の水分が不足しているとターンオーバーがスムーズに行われず、古い角質が溜まってしまい、いぼができやすくなります。肌に水分を補給すると古い角質が排出し、いぼの発生を防ぎ、綺麗な肌へと導いてくれます。紫外線を長く浴びてしまうと肌を守ってくれるバリア機能が低下してしまい、水分が蒸散してしまいます。水分が蒸散してしまうと肌が乾燥しやすくなるので、紫外線対策は怠らないように気をつけましょう。老人性のいぼやウイルス性のいぼができる原因はそれぞれ違いますが、やはりいぼができないようにするには、肌に刺激を与えずに常に肌を清潔にし、保湿をしないといけません。ストレスを溜め込まないように定期的に運動をしたり、野菜や果物を多めに摂るようにしたりするなど規則正しい生活を送ることも大切です。今はいぼが良性であっても、いぼができやすくなる行動すればいぼが増えたり、大きくなったりすることもあります。いぼが大きくなって、数も増えると切除をする時間や費用もかかってしまうので、いぼが悪化をしないように毎日予防をしておきましょう。特にウイルス性のいぼの場合ですと他の部位に感染することもありますので、切除手術を1回やっただけでは、完治ができないことがあります。なので、いぼの切除手術を受けた後は予防もしっかり行うようにしましょう。いぼができる前に毎日予防をしておいた方がいいのですが、万が一いぼができた場合は、いぼが悪化をする前に美容クリニックで診察を受けることをおすすめします。

Copyright© 2019 いぼで悩んでいる方注目!切除手術やレーザーでいぼを撃退できる All Rights Reserved.