いぼで悩んでいる方注目!切除手術やレーザーでいぼを撃退できる

いぼの種類

女性

いぼの種類や現れる場所によって病状は異なる

いぼの種類は一つではありません。切除手術に失敗しないようにいぼができている場所や状態を理解した上で、治療を受けた方がいいでしょう。若い頃はなかったのに加齢と共にいぼができた場合は、老人性いぼです。老人性いぼは、顔だけではなく体にもできやすいです。最初は1~2ミリぐらいの小さいいぼですが、放置しておくと大きくなったり、増えたりすることもあります。老人性いぼの中には肌色だけではなく、黒色ものもあり、ほくろと思って放置してしまう事が多いです。顔にできるいぼには、尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)と青年性扁平疣贅(せいねんへんぺいゆうせい)と2つのタイプがあります。尋常性疣贅は、顔のいぼが少しずつ増えるものであり、青年性扁平疣贅は、いぼができてすぐに広がるものです。この2つはウイルス性のいぼであり、ウイルス感染が原因でできるいぼです。青年性扁平疣贅は若い女性の顔にできやすいいぼであり、色は肌色で少し盛り上がっているのが特徴なのでニキビとの区別が難しいです。老人性いぼと比べたら、サイズは大きくないので、1~2週間ほどでいぼがなくなることがあります。しかし、消えた後もまたいぼが現れて、増えていくこともあるので、もしいぼがまたできたら、皮膚科や美容クリニックで切除手術などの治療を受けた方がいいでしょう。首にもいぼができることがあります。首の部分は皮膚が薄いので、紫外線に当たり過ぎてしまうと肌のダメージが蓄積されて、老化が進んでしまうので、いぼができやすくなります。紫外線だけではなく、入浴時に体を垢すりで強く洗っている場合も肌に刺激を与えてしまうので、首にいぼができることもあるのです。一度できたいぼを自己流で治すのは簡単なことではありません。いぼに効く市販の薬はドラッグストアなどで手に入れることはできますが、即効性はないので、いぼがなくなるまで長期間かかります。今すぐにもいぼをなくしたい場合は、皮膚科や美容外科でいぼの切除手術をすると綺麗にいぼを除去してくれます。メスなどを使って、いぼ部分をまるごと切り抜くので出血や痛みが伴いますが、麻酔を使用すれば痛みはほとんど感じることはありません。いぼの状態によりますが、切除手術の場合、1回で治療が終わることもあり、保険も適用されますよ。いぼの種類によって、治療方法は異なりますのでいぼが気になる方は、まずは医師と相談をしましょう。

Copyright© 2019 いぼで悩んでいる方注目!切除手術やレーザーでいぼを撃退できる All Rights Reserved.