いぼで悩んでいる方注目!切除手術やレーザーでいぼを撃退できる

いぼができる原因は2つ

看護師

いぼは加齢とウイルスによってできる

いぼは、加齢やウイルスが原因できることが多いです。加齢と共にいぼができる場合は、肌の老化や長時間紫外線を浴びたことによって、いぼはできやすくなります。紫外線に長く当たってしまうと肌の細胞に刺激を与えてしまいます。肌の細胞に刺激を与えてしまうと、いぼが出来て増えてしまうのです。紫外線だけではなく、肌が乾燥してしまうと肌の老化が進んでしまうので、顔だけではなく首や体にまでいぼが現れやすくなります。首の部分にたくさんできるいぼのことを、アクロコルドンと言います。このアクロコルドンを無理矢理とって、傷つけてしまうと炎症を引き起こす恐れがあります。首の部分にいぼが出来てしまうと、衣服を着る時は刺激を与えないように気を使わないといけないし、ネックレスなどのアクセサリーをつけるのも控えないといけません。しかし、加齢が原因でできたいぼは、良性であることが多いので、放置しても悪化することはありません。もし、服を着る時にちくちく痛んだり、見た目が悪くなったりするなど、気になるのであれば皮膚科や美容外科へ行って、切除手術を受けた方がいいでしょう。加齢以外にも怪我をしている場合や体が疲れていて、免疫力が弱くなっている場合もいぼができることがあります。これはウイルスが肌に付着したことで、できたいぼです。もし、ウイルスが付着していたら、ウイルスがついたスリッパやタオルなどは使用しないようにして、肌を清潔にして下さい。家族の中にいぼが出来ている方がいれば、一度病院へ行って医師に診てもらうと安心です。でき始めの頃はウイルス性のいぼと加齢によるいぼの大きさはほとんど同じです。しかし、加齢によってできるいぼと違い、ウイルス性のいぼを放置するのは危険です。ウイルス性のいぼを大きくなるまで放っておくと、切除をする時に時間や費用がかかってしまうことがあります。いぼを完全に取り除くのも難しくなるので、早めに治療を受ける必要があります。いぼの真ん中の部分が黒くなっていたら、ウイルス性のいぼである可能性が高いので、いぼが広がる前に切除をしてもらった方がいいでしょう。良性のいぼであれば放置しても問題ありませんが、やはり美容のことを考えるといぼができるのは避けたいですよね。いぼができないように日焼け止めクリームや日傘などを使用して、紫外線対策をしっかり行いましょう。スキンケアを毎日しっかり行えば、いぼができるのを防ぐことができます。ウイルス性のいぼが現れないように肌を常に清潔にし、バランスのとれた食生活を心がけることも大切ですよ。切除手術後にいぼが再発をしないように生活習慣も見直していきましょう。

Copyright© 2019 いぼで悩んでいる方注目!切除手術やレーザーでいぼを撃退できる All Rights Reserved.